高岡銅器 銅像

作者正晴
素材鋳銅製
付属紙箱入り
サイズ(センチ)
高さ:約44.5×幅:約14.0×奥行約9.0
高岡銅器高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。
花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。
昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。

置物 銅像■ 歓び ■正晴作 鋳銅製 紙箱入り【高岡銅器】-工芸品・民芸品

置物 銅像■ 歓び ■正晴作 鋳銅製 紙箱入り【高岡銅器】-工芸品・民芸品

掛け軸/掛軸 高砂(伊藤 薫風)【送料無料】【代引手数料無料】

置物 銅像■ 歓び ■正晴作 鋳銅製 紙箱入り【高岡銅器】-工芸品・民芸品

友田歯科では、一緒に働く仲間を募集しています。